ブログ

  • はてなブックマークに追加
  • 痛みやコリをブログで説明していきます。小顔矯正、骨盤矯正、腰痛、肩こり、頭痛、便秘、下痢、疲れやすい、眠れない、首の痛み、首のコリ、生理痛などを解消しています。

サイト管理人のブログです。

カイロプラクティック徳力整体院は30周年迎えた整体とカイロプラクティックの施術をしている施術院です。

 

ブログ一覧

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 骨盤矯正するならボキボキしない痛くない整体とカイロプラクティックで矯正していくので安心の北九州市小倉や八幡と戸畑と行橋地区でカイロプラクティック徳力整体院は30周年です。
人気がある骨盤矯正

骨盤矯正

当院では初回から骨盤が小さくなることで人気の骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正はボキボキしたりすることなく痛くもなく怖くもなく骨盤を小さくすることをしています。

骨盤矯正をする時には院長が直に骨盤矯正をしていきますが、院長の手が特殊なのと秘密の技術を使って骨盤矯正をしていきますが、マッサージするみたいにして骨盤矯正をしていますが、マッサージではありません。

マッサージ感覚で骨盤をもむようにして骨盤が小さくできる特殊な骨盤矯正をしています。

普通は、マッサージしたり、骨盤をもむようにしても骨盤は小さくなりませんが、院長が骨盤をもむようにするだけで骨盤が徐々に小さくなっていきます。

特殊な骨盤矯正

当院の院長は特殊なことができますが、マジックではありませんから、理論もしっかりある技術を使います。

そして院長は検査することができますから、検査することで骨盤の状態を検査して見つけることができます。

骨盤矯正といっても無理な骨盤矯正ではありませんが、多くの方の骨盤には異常があります。

この異常状態を見つけることで骨盤が小さくなっていきます。

自分でも骨盤に異常を感じていないでも痛みがなくても、骨盤は多くの異常を起こしています。

そのため、誰でもできる技術ではありませんが、できるから簡単にしているように見えます。

簡単にできる、見える骨盤矯正ほど、難しい技術はありません。

骨盤矯正をする時に

当院の院長は検査ができると言いましたが、この検査をすると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の炎症、骨盤のハレ、骨盤が大きく膨れている、恥骨の炎症、内臓のハレ、内臓の弱り、内臓の炎症と言うことがわかります。

骨盤の問題がある方は生理痛、生理不順、便秘、下痢、膀胱炎、膣炎なども起こりやすくなります。

それを正しい方向に、正常にしていくと骨盤が小さくなります。つまり小尻になることができますから、自然な状態の骨盤矯正ができます。

そうすると骨盤から足のラインがキレイに見えます。

当院の骨盤矯正は他ではしていない特殊な骨盤矯正です。

 

骨盤矯正で骨盤の歪みや開き
人気の骨盤矯正

当院では人気の骨盤矯正をしています。骨盤矯正をするときに多くの方が骨盤が開いている方が多いようです。

骨盤が開いていると骨盤周辺が大きくなりやすく脂肪がつきやすく太くなります。

骨盤が開いていると生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、卵巣炎、子宮の問題が起こります。

骨盤が開いたりするのも原因があっておきています。

当院では骨盤の開きの原因からかえていくようにしています。

骨盤の状態を検査することで

骨盤の状態は検査することで確認しています。

当院では独自の検査法がありますから、その検査することで骨盤の状態を見つけていきます。

骨盤矯正をして小尻になるためには、検査も重要になります。

骨盤の歪みや開きがある時には、体調が落ちています。

体調が落ちると代謝も悪くなるし、リンパの流れも停滞して老廃物が多くたまっていきます。

代謝やリンパの流れがわるくなると循環がうまくいきませんから、それだけでも代謝がわるくなります。

悪くなると太りやすくなります。

小尻にするためには

どこをどうしたら骨盤が小さくできるか、ということを検査して判断していきます。

だから初回から骨盤が小さくなる事ができます。

骨盤矯正をなにも目的がなくしても効果は出てきませんから、目的をもって骨盤矯正をして小尻にしていくことです。

骨盤が大きくなると足も、それ相応に太くなります。

そして骨盤が歪みや開きだけではなく、もっと複雑になっている方もいます。

初回からすべてわかるものではありませんから、状態を検査して見つけて変える事をしていきます。

 

 

骨盤矯正

 

骨盤矯正で小尻にしていく為には

骨盤矯正で骨盤を小さくなる北九州市小倉南区、小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区、行橋市、下関市で30周年の徳力整体院。

2017年07月11日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こり
肩こりを改善するなら

肩こり

肩こりになるのは、肩こりになる原因があるから肩こりになります。なにも原因がなくて肩こりになることはありません。

肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージですが、どうして筋肉のコリが起きるのか、考えたことがありますか??

多くの方が肩こりについてしらないことを良いことにマッサージをしたり、低周波治療器や電器をしたり、肩に注射を打っても、サプリメントや薬を飲んでも、本当の意味で肩こりはよくなりません。

それらをすると、確かに肩こりがやわらいだり、楽になるような感じを与えますが、肩こりには原因があるといいましたから、この原因をのこしておくと先将来の病気につながりやすくなるからです。

肩こりを物量(サプリメント・薬)や対象療法(マッサージする・低周波治療器や電器する、湿布を貼ったり、注射をうつこと)ばかりしていると原因はどんどん進行していくからです。

ですから肩こりの治療をしている方は病気に進行しやすくなるのが現実です。

なにも原因がなくて肩こりになる筋肉のコリが起きることはありません。

多くの

肩こりの場合、歪みやズレがあります。

肩こりになるのは背骨の歪みやズレですから、歪みやズレがあると筋肉は骨から骨へついていますから骨が歪みを起こすと筋肉も緊張したり固くなったして肩こりを起こしていきます。

しかし、背骨の歪みやズレも起きる原因があるから歪みやズレを起こしています。

ここが一番の問題です。

背骨の歪みやズレを起こすのは内臓です。しかし内臓といっても病気ではありませんから、肩こりで病院の検査をしてもわかりません。

いまだ病気にならずと言う事ですが、先将来の病気の暗示が肩こりとしておきています。

進行途中では何もわかりませんが、進行してしまったものが病気です。

ですから本当の病気にになる前にならないようにして内臓を強くしていくのが体質改善の治療です。

しかし、その前に体質改善ができる状態にしないと体質改善の治療はできません。

まずは体調から上げて体力を上げて準備をしていく必要があります。

その為にも体調を上げるだけで肩こりは楽になります。

ほとんどの場合、体調を上げると言う事はしていません。

当院だけが体調を上げる治療ができます。

体調を上げると体力も上がります。調子が良くなります。骨盤の歪み・背骨のズレも改善していきます。内臓の働きも良くなります。

この良くなった状態で体質改善ができるわけです。

肩こりというと

肩こりを楽にするなら湿布を貼ったりしても、マッサージをして揉んでも、低周波治療器や電器をしても一時的ですから肩こりが楽になっても、原因は残ったままになっています。

肩こりになるには肩こりの原因がありますから原因から変えていくことを考えないと一時抑えばかりしていると形を変えてでしまいます。

肩こりと言うと筋肉のコリと言う感じですが、筋肉も長くコリを起こしていると固くなったりしていきます。

筋肉が一度固い方にいくと、いくら低周波治療器や電器をしても、マッサージしても、湿布を貼っても、そのときだけです。

しかし、固くなればなるほどコリは、あるけど感じません。

つまり感覚的なマヒ状態になるからです。

神経麻痺が起きてコリを感じなくなります。しかし、それだけではすみません。

手の血行障害、しびれ、握力低下、ものを落とす、こわばりなどなどが起きていきます。

手の血行障害、しびれ、握力低下、ものを落とす、こわばりが起きる時には、周辺の筋肉も固くなるし中にある神経、血管、リンパ節なども固くなります。

全てが固くなってしまい、手の血行障害どころか、手が悪くなります。

筋肉が固いと言う事はそれだけではすみません。色々なトラブルをおこしていきます。

肩こり
肩こりを原因から解消していく事をしています。

肩こりは、筋肉の疲労から起きる時が多く見受けられています。

肩こりは、あまり肩の筋肉を使いすぎると、筋肉が疲れてしまって、筋肉疲労になります。

肩こりになるときには、体にも疲れやストレスがたまって肩こりになります。

肩こりで筋肉の問題がある時には、僧帽筋と言う筋肉が関係して起きています。

この僧帽筋は頭の後ろまである大きい筋肉なので、この僧帽筋がコリを起こしていくと首の痛み、首のコリまで起こります。

肩こりは

肩こりは筋肉のコリですが筋肉だけではなく歪みも関係して起きています。もちろん、筋肉も硬くなったり、循環が悪くなったり、リンパの流れが滞って老廃物がたまることも起きています。コリを起こしていているときも色々なな状態が起きています。

 

肩こり

 

北九州市小倉南区、小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区、行橋市、下関市で30周年の徳力整体院。

 

 

2017年01月19日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小顔矯正
小顔矯正

小顔になれる小顔矯正

小顔矯正で顔が小さくなるための一番の近道は体調からあげて体質改善で体を変えていくこと。

いくら顔を小さくしようとしても体調が悪いままでは顔が小さくなりにくいし戻りやすくなります。

顔と言っても体の一部なのですべてに関係しています。

体調が悪いと疲れやストレスの蓄積、リンパの流れ、老廃物の蓄積、骨盤の歪み・背骨のズレ、内臓の働きの低下、代謝の低下などなどが起きています。

人によっては睡眠負債が多くなっています。睡眠負債が多くなると脳疲労が起きています。脳疲労が起きると体調も限界どころではないくらいに落ちていますが、これも感じない方も多くなっています。

脳疲労

脳疲労が起きると脳はどんどん疲れやストレスをためていきます。そうすると痛みやこりに鈍感な状態、痛みやこりのマヒが起こります。

ここまで脳が弱ると脳から脳内麻薬がでてエンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンというモルヒネに似たホルモンに変わります。

ホルモンに似たホルモンは脳をマヒさせて痛みやこり、体調の悪さを感じなくさせます。

当院の院長が小顔矯正の希望の方を検査してみると検査では体調はすごく悪いと言うことがわかるのに、本人は、「体調が良いと思ってきました」と言う事を言います。

当院の院長の検査の方が正確です。

当院の検査は体のある部分を使って検査することをしています。自分の体の方が正確に反応して体調が悪いと言っているのに、脳がマヒさせて痛みやこりを感じなくさせているから体調は良いと思っています。

でも、体は正直ですから背骨の検査や骨盤の検査をすると歪みやズレが多くあります。

体調が良ければ歪みやズレは起こりません。

体調が良いと、骨盤の歪み・背骨のズレは起きていません。

こんな歪みやズレがあるまま小顔矯正をしても、顔が小さくなりにくく効果が長く持ちませんし戻りやすくなります。

顔が小さくなるためには体調と体質を変えていくと小顔になることができます。

その為の小顔になれる小顔矯正をしています。

他院の小顔矯正は、体調を上げる小顔矯正ではありません。

体調から小顔矯正にしていくと言うことは、大変難しく高等テクニックの一つなので、簡単にはできませんので。

ただ、顔を押さえつけてする小顔矯正だと、効果もなく、戻りやすくなります。

そして顔の浮腫みが起きやすくなります。

小顔矯正
電器や機械も

電器や機械も同じです。

もし電器や機械などで小顔矯正をしても、効果が薄く、戻りが大きくなります。

空気の圧力でする顔を締め付ける小顔矯正も同じです。

どちらも効果が薄く、戻ります。

その理由は、

無理な小顔矯正にあります。

無理な小顔矯正は、無理にやっている訳ですから、効果と持続に問題があります。

当院では

理想的な小顔矯正をしています。

無理に顔を押さえつける事ではなく、自然な小顔矯正です。

自然な小顔矯正をしていくと、初回から小顔になることができます。

しかも、ただ単に小顔矯正をするのではなく、小顔にするための理論をかんげてしていきます。

それには体調と体質が関係することになります。

体調と言うのは多くの方が初回は体調が悪くなっています。

体調が悪いと歪みや疲れやストレスが多く蓄積しています。

疲れやストレスが多くたまっていると歪みが起こります。中には顔の歪みがある方もいます。

体の歪みと顔の歪みは関係があります。

顔の歪みが起きている方は体調が落ちて悪くなっています。

体調が悪くなると、顔に出てしまいます。

顔色も悪くなって、目の下のクマ、お化粧のノリが悪くなります。

色々な面に出てしまう事が起こります。

これが体調です。

もちろん色々な痛みやコリ、体の不調状態になります

 

 

北九州市小倉南区、小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区、行橋市、下関市で30周年の徳力整体院で人気のある小顔矯正をしています。

 

 

2017年01月21日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛
腰痛

腰の痛み

腰の痛みや腰痛のある方は原因があって腰痛になっています。この原因から改善することをしないと原因は残ったままになっていますから、一気に悪化したり繰り返したり、椎間板ヘルニアになることも多くあります。

湿布を貼ったり、病院でブロック注射を打っても、サプリメントを飲んでも、薬を飲んでも、マッサージをしても、低周波治療器や電器をしても腰痛の原因である骨盤の歪み・背骨のズレはかわりませんし、変化しません。

腰痛は骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。

骨盤の歪み・背骨のズレがおきているときに、重いものを持ったり、何かを取ろうとしたり、長く中腰の姿勢でいたり同じ姿勢を続けたりすることをすると腰痛になります。

つまり、体を支えられないことをすると腰痛になるということです。

重いものをもつなどのことは切っ掛けと言います。

いくら切っ掛けをしても骨盤の歪み・背骨のズレがないと腰痛はおこりません。

逆に

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても切っ掛けがかさならないと腰痛にはなりません。

骨盤の歪み・背骨のズレが悪化したものが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛です。

誰でも骨盤の歪み・背骨のズレはあります

誰でも骨盤の歪み・背骨のズレはあります。腰痛になっていないだけで骨盤の歪み・背骨のズレはおきています。

この骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのは体に蓄積した疲れやストレスです。

体に多くの疲れやストレスがたまればたまるほど骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなると、いつかは切っ掛けになることをして腰痛になっていきます。

 

腰痛は

腰の痛みや腰痛が起きている方は、疲れやストレスがたまって体調が落ちています。体調が落ちると歪みが起こります。

この歪みは、体全体の歪みと骨盤の歪みと背骨の歪みです。

誰でも体調が落ちていくと、それを知らせるために体が歪みを起こしていきます。これは体が起こしているボディランゲージです。

危険信号ということです。

体が起こす知らせを軽く見ていると大変なことにもなります。

痛みは

骨盤の歪みが起きると、筋肉やじん帯が体を支えられないで急に腰にきたり、徐々にきたりして腰の痛みになります。

骨盤が緩んだ時に、悪い姿勢をすると、これが切っ掛けとなって腰痛は起こります。

腰痛が起きる切っ掛けは色々あります。

切っ掛けは

切っ掛けは姿勢が主ですが、庭仕事で触ってしていたら立とうとしたときに腰が痛くて伸ばせないとか、重いものを持ったら急に腰が痛くなったとか、靴下を履こうとしたら腰が痛くなったとか、運動していたら腰が痛くなったとか、長く運転していたら腰が痛い、寝ていたら腰が痛くなる、くしゃみをしたら腰が痛くなった、何かを取ろうとしたら腰が痛くなった、などなど色々なな切っ掛けがあります。

これらはすべて、原因ではなく、切っ掛けです。

切っ掛けが起きる前にもう原因があります。

原因がないのに、切っ掛けをいくらしても腰痛は起こりません。

切っ掛けと原因が重なったときに腰痛は起きてしまいます。

腰痛が起きているときは

①腰痛が起きているときの状態を説明すると、体に多くの疲れやストレスががたまります。

②疲れやストレスがが多くたまると体は歪みが徐々に起きていきます。

③体の歪みが起きていくと、骨盤も歪みを起こしていきます。そして背骨も歪みを起こしています。

④この歪みが、骨盤を固定しているじん帯や筋肉のバランスを崩してしまいます。

⑤この時に、ある切っ掛けをすると急に腰が痛くなって腰痛になります。

これが腰痛のメカニズムです。

必ず、腰痛が起きるときには、この状態になっています。例外はありません。

どんな腰痛も必ずこの状態になっていますので、ここから改善していくと腰痛は必ず改善していきます。

しかし、、程度が色々あります。

ひどいのから軽いのから腰痛のタイプがあります。1度で改善しないからと言ってあきらめないでください。

回復させていくのも回数や時間がかかります。

回復というのは、すぐ回復する方もいれば、こじらせていて回復しにくい方もいます。

腰痛

 

腰痛を楽にして行く為に北九州市小倉南区、小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区、行橋市、下関市で30周年の徳力整体院。

 

 

2017年02月19日

頭痛

  • はてなブックマークに追加
  • 頭痛
頭痛

頭痛は

頭痛が起きている方は、頭痛の原因があって起きています。頭痛には頭痛の原因がありますから薬などで抑えないで原因から改善していくように考えましょう。

頭痛が起きる方は、頭痛薬を持ち歩いている方は、最近の特徴があります。

その特徴は脳疲労が強いと言う事です。

脳疲労が強いと脳は弱っている所ではありません。

脳疲労が起きている原因は睡眠負債です。睡眠負債と言う言葉は最近、出てきた言葉ですが、多くの方が睡眠負債状態になっています。

睡眠負債になると脳は弱っている所ではありませんから、ものすごく強い脳疲労が起きています、この状態になると頭蓋骨を巻き込みながら脳も骨も垂れ下がっていきます。

つまり脳が変形しながら骨まで変改させていきます。つまり長細くなります。長細くなると耳の位置が変わっていきます。

前頭部のおでこの位置も垂れ下がって変わります。

最近はこう言う変な状態が頭痛になっていっています。

多くの方の頭痛は、脳の緊張や弱りから起きています。この弱りが脳の状態を悪くしてしまって頭痛になっています。

頭痛には頭痛の原因があると書きましたが、どうして頭痛が起きているのか理由があります。この理由を無視して薬などで抑ええて安心している原因は、頭痛がない時もどんどん進行していきます。

この原因が一番、厄介なんです。

頭痛は頭に起きているわけですから、最近見たテレビで、頭痛が起きやすい方は先将来、脳梗塞になりやすいということを聞きました。

私も、そうだと思います。

というのは、頭痛と先将来の問題は同じ事が原因で起きています。先将来の問題の暗示が頭痛です。

でも、今は病気でもありませんから、検査しても以上なしです。

病気には病気になっていく過程があります。病気もすぐになっていくわけではなく、進行過程があります。進行過程にありながら、時々、頭痛になっていない時も、原因は進行していっています。

ここが怖いところです。

体の悪さはとどまっることはありません。いつも進行過程なのですが、ばらつきがあります。

ばらつきというのは、良いところもあれば、悪いところもあると言うことです。

良いところはあまり頭痛のは関係なく、悪いところ、弱いところが、どんどん進行していくわけです。

頭痛の方は

頭痛の方は、脳疲労が強く起きています。脳疲労が強く起きていると脳はかなり緊張したり拘縮したりしていますが、循環も悪くなっています。

循環は血流ですが、血流が悪くなると老廃物も多くたまり、流れが悪くなります。流れが悪くなると老廃物も多くたまります。

頭痛

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから頭痛を楽にして原因から改善する

 

2017年02月19日
» 続きを読む