腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛
腰痛

腰の痛み

腰の痛みや腰痛のある方は原因があって腰痛になっています。この原因から改善することをしないと原因は残ったままになっていますから、一気に悪化したり繰り返したり、椎間板ヘルニアになることも多くあります。

湿布を貼ったり、病院でブロック注射を打っても、サプリメントを飲んでも、薬を飲んでも、マッサージをしても、低周波治療器や電器をしても腰痛の原因である骨盤の歪み・背骨のズレはかわりませんし、変化しません。

腰痛は骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。

骨盤の歪み・背骨のズレがおきているときに、重いものを持ったり、何かを取ろうとしたり、長く中腰の姿勢でいたり同じ姿勢を続けたりすることをすると腰痛になります。

つまり、体を支えられないことをすると腰痛になるということです。

重いものをもつなどのことは切っ掛けと言います。

いくら切っ掛けをしても骨盤の歪み・背骨のズレがないと腰痛はおこりません。

逆に

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても切っ掛けがかさならないと腰痛にはなりません。

骨盤の歪み・背骨のズレが悪化したものが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛です。

誰でも骨盤の歪み・背骨のズレはあります

誰でも骨盤の歪み・背骨のズレはあります。腰痛になっていないだけで骨盤の歪み・背骨のズレはおきています。

この骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのは体に蓄積した疲れやストレスです。

体に多くの疲れやストレスがたまればたまるほど骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなると、いつかは切っ掛けになることをして腰痛になっていきます。

 

腰痛は

腰の痛みや腰痛が起きている方は、疲れやストレスがたまって体調が落ちています。体調が落ちると歪みが起こります。

この歪みは、体全体の歪みと骨盤の歪みと背骨の歪みです。

誰でも体調が落ちていくと、それを知らせるために体が歪みを起こしていきます。これは体が起こしているボディランゲージです。

危険信号ということです。

体が起こす知らせを軽く見ていると大変なことにもなります。

痛みは

骨盤の歪みが起きると、筋肉やじん帯が体を支えられないで急に腰にきたり、徐々にきたりして腰の痛みになります。

骨盤が緩んだ時に、悪い姿勢をすると、これが切っ掛けとなって腰痛は起こります。

腰痛が起きる切っ掛けは色々あります。

切っ掛けは

切っ掛けは姿勢が主ですが、庭仕事で触ってしていたら立とうとしたときに腰が痛くて伸ばせないとか、重いものを持ったら急に腰が痛くなったとか、靴下を履こうとしたら腰が痛くなったとか、運動していたら腰が痛くなったとか、長く運転していたら腰が痛い、寝ていたら腰が痛くなる、くしゃみをしたら腰が痛くなった、何かを取ろうとしたら腰が痛くなった、などなど色々なな切っ掛けがあります。

これらはすべて、原因ではなく、切っ掛けです。

切っ掛けが起きる前にもう原因があります。

原因がないのに、切っ掛けをいくらしても腰痛は起こりません。

切っ掛けと原因が重なったときに腰痛は起きてしまいます。

腰痛が起きているときは

①腰痛が起きているときの状態を説明すると、体に多くの疲れやストレスががたまります。

②疲れやストレスがが多くたまると体は歪みが徐々に起きていきます。

③体の歪みが起きていくと、骨盤も歪みを起こしていきます。そして背骨も歪みを起こしています。

④この歪みが、骨盤を固定しているじん帯や筋肉のバランスを崩してしまいます。

⑤この時に、ある切っ掛けをすると急に腰が痛くなって腰痛になります。

これが腰痛のメカニズムです。

必ず、腰痛が起きるときには、この状態になっています。例外はありません。

どんな腰痛も必ずこの状態になっていますので、ここから改善していくと腰痛は必ず改善していきます。

しかし、、程度が色々あります。

ひどいのから軽いのから腰痛のタイプがあります。1度で改善しないからと言ってあきらめないでください。

回復させていくのも回数や時間がかかります。

回復というのは、すぐ回復する方もいれば、こじらせていて回復しにくい方もいます。

腰痛

 

腰痛を楽にして行く為に北九州市小倉南区、小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区、行橋市、下関市で30周年の徳力整体院。

 

 

2017年02月19日