骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 小倉南区で人気がある骨盤矯正で小尻になることができる痛くない矯正で骨盤が小さくなることができます、カイロプラクティック徳力整体院
骨盤矯正

人気がある骨盤矯正

多くの方が骨盤矯正に訪れますが、骨盤矯正の意味が分かっていませんし、触ることもできていません。

骨盤矯正と言うのは骨盤の横幅を変える事です。

ですから骨盤矯正に入る前に骨盤の横を触って骨盤の大きさをおぼえて下さい。

当院の骨盤矯正はボキボキもしないし痛くもない骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正は初回から骨盤が小さくなっていくことで評判の言い骨盤矯正をしています。

当院では骨盤矯正をしていく時には、検査することをして矯正していきますから、検査することで骨盤の状態を確認しながら骨盤矯正をしていきます。

痛みやコリなどがなくても骨盤は歪みがあります。この歪みを解消していくと骨盤が小さくなり小尻になることができます。

当院の骨盤矯正は小尻に見せるのではなく、小尻にしていく事をしています。

いくら下着やストッキングで締め付けても、骨盤ベルトで締めても一時的です。

骨盤も不動関節ではなく、動きがある関節です。

いくら締め付けてもサポーターと同じで締め付けている時だけです。

骨盤ベルトで運動しても変わることはありますが、一時的に変えても意味ありません。

多くの方の骨盤を検査してきましたが、ほとんどの方は痛みやコリ、腰痛などの症状がなくても骨盤が歪んでいたり、開いていることがほとんどです。

特に骨盤の下部が開いている方が多くいます。

また、骨盤の骨が炎症やハレを起こして変形している方や、ハレて大きくなっている方もいました。

普通では起こりませんが、この陽気の変動の大きい世の中ですから、常識では考えられないことが起きています。

特に骨盤の骨の変形は恥骨の部分で起きていることもありますから、恥骨の骨が出っ張っていることもあります。

そして一番変形が起きやすいのが腰の部分の骨です。

ベルトの部分ですが、骨の腸骨と言う骨の変形が多くの方に見られます。

そして真ん中の骨の仙骨(尾てい骨)の骨が炎症を起こして大きく広がると骨盤が大きくなって骨盤が広がっていきます。

骨盤が広がると脂肪になりやすく、骨盤の浮腫みも起きます。

この状態も検査する事ができたからわかったことです。

骨盤が歪みが起きていても痛みやコリも何も感じません。

骨盤の歪みがあると生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、膣炎、卵巣の炎症、子宮の炎症が起きることは多くあります。

生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、膣炎、卵巣の炎症、子宮の炎症の方は骨盤から整えていく必要があります。

単純に骨盤矯正といっても内臓に影響することは起こります。

骨盤の歪みや開きがあるのに内臓は正常化、と言うとそんなことはありません。

何かの影響があります。

また逆に生理痛や生理不順があると骨盤は不安定になっています。骨盤の不安定と言うのは骨盤の歪みや開きです。

そして体調も関係します。

体調が悪いと骨盤は歪みや開きが起きやすくなります。

体調が悪くて眠りが浅いと最高に体調は落ちています。

眠りが浅いと脳が弱っていきます。脳が弱ると脳疲労になって骨盤が大きく不安定になりますから、骨盤の歪みや開きが大きくなります。

最大の問題は眠りにある方もいます。

夜に寝たら朝まで目が覚めまいから寝ていると思っている方が多くいます。

夜に寝たら寝ながら考え事をしている睡眠が多くなっています。

寝ながら考え事をしている睡眠は睡眠負債になりますから脳が弱っていきます。

脳が弱ると痛みやコリが起きている状態でも感じません。

脳が元気だから痛みやコリを感じることができます。

脳が弱ると何も感じなくなります。

 

小倉南区で骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。

2017年11月27日