骨盤矯正

骨盤矯正とは

骨盤矯正とは

当院では人気がある骨盤矯正ですから初回から骨盤が小さくなっていきます。当院では多くの方が骨盤を小さくできる骨盤矯正を希望されて訪れていますが、多くの方は骨盤矯正の本当の意味を知りませんし始めて受ける方も多くいますから説明していきます。

骨盤矯正と言うのは骨盤を小さく見せるものではなく、実際に骨盤を小さくすることです。当院の骨盤矯正は本当に骨盤が小さくなりますが、その意味を知っておいてください。

当院の骨盤矯正は、ただ骨盤を小さくしている訳ではありません。美容効果はありますが美容目的ではなく治療することの要素が大きくあります。

骨盤矯正をして行くときには骨盤を治療することで骨盤が小さくなり小尻になります。骨盤を治療することで骨盤は小さくなりますが、どうやって骨盤を小さくすることをするのか、と言う疑問があると思います。

そして、もし小さくなっても維持できるのか??と言う事だと思いますから説明していきます。

それは大丈夫です。

当院では30年以上の経験がある院長が骨盤矯正を行いますから。経験が豊富だからと言って骨盤矯正をして骨盤が小さくなる訳ではありませんが。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をして行くときにはあるものが多くなっていると効果がなかったり戻りやすくなります。

有るものと言うのは日常にあるものです。毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。

この多くなるものが体に蓄積していくと骨盤矯正をしても効果がなかったり戻りやすくなります。

それは疲れやストレスです。疲れやストレスの蓄積が多い方ほど骨盤周辺の脂肪も多くなっていますし浮腫みも増えています。

疲れやストレスと言うのはたまっていない方はいませんから、誰でもあるものです。疲れやストレスがない生活はできません。

日々の生活することや仕事でも疲れやストレスはたまっていきます。疲れやストレスの蓄積は限界はありません。つまり際限なくたまっていきますから、ここまでしかたまらないと言う事はありません。

骨盤矯正をしていく専門家の先生も知らない方も多くいます。エステなんかはマッサージしたり電気をしたりスチームをしたりコールドで皮膚を引き締めたり温めたりラップを巻いたりなどなどで骨盤矯正をすることもあります。

運動療法的に何かの運動やストレッチすることでも骨盤矯正ができるかも知れません。

しかし当院では骨盤矯正をしていく時に手の技術だけで骨盤を小さくすることができます。

骨盤矯正の触り方

当院の骨盤矯正は骨盤矯正をする前に検査する事をしています。その検査と言うのは当然として骨盤の歪み・骨盤の開きがあるのか、と言うことは当たり前ですが、それだけでありません。

骨盤矯正をして行くときには自分の両手を骨盤に当ててもらい幅をおぼえてもらいます。嘘や偽りがないように自分の手で触ってもらうことが基本です。他人が計測したりすると違うように測ることはできます。メジャーで計測してもらうよりも自分で確認できた方が一番だと思いますが、触り方が簡単なようで大変、難しい触り方ですが触り方を教えますから、その通りに触るだけです。

触り方はすごく簡単です。

骨盤の両横に手を当てます。当てたら少し中央に向けて押します。これで終わりなんですが、これだけでは、わからないと言う方が多くいます。

さらに左右差を感じようと触って下さい。そうすると骨盤にも左右で違いがあります。必ず骨盤にも左右差があります。右側が出っ張っているとかです。これは左側かも知れません。左右差がわからないと骨盤を小さくしても分からないかも知れません。

骨盤矯正と言っても10センチも2センチも小さくなりません。

小さくなるのは1センチかも知れません。2センチかも知れません。小さくなっただけではなく骨盤の形が変わる方も多くいます。そして骨盤周辺の脂肪、浮腫みも減ることもあります。

骨盤矯正

 

骨盤矯正と言っても1回では

1回で終わる骨盤矯正はありません。骨盤矯正と言っても、ただ骨盤を小さくすれば良いと言う訳ではありません。骨盤の歪みだけではありませんから。

骨盤の中には何があるのか、と言うことも考える必要があります。

正常な骨盤の方はいません。

多くの方が骨盤の歪み・骨盤の開きがあります。これは疲れやストレスが原因ですが、疲れやストレスはたまる所があります。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

つまり骨盤矯正では生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、子宮、卵巣、大腸、小腸、膀胱にも関係することは当然ですね。

骨盤矯正で関係するものを上げると内臓(生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、子宮、卵巣、大腸、小腸、膀胱)、体調(疲れやストレスの蓄積度合い)、睡眠負債です。

特に便秘があるのに腸が大きくなって膨らんでいるのに骨盤は安定して小さくなりません。

生理痛、生理不順がある方は、骨盤の下部が開いています。そうすると股関節が出っ張ってきます。

骨盤矯正ですから骨盤の中にあるものは関係するのは当然ですよ。

体を整える骨盤矯正

骨盤矯正をする時には、疲れやストレスの蓄積度合いの体調、睡眠負債が主に関係しています。特に内臓にたまる疲れやストレスがあります。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。

それらがあると体調は奈落の底のような体調、ドン底のような体調になります。特に夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

眠りと言うのは脳が寝ていることを言います。脳から寝ていないと寝ていません。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

寝ていない方、眠りが浅い方は脳が弱っています。脳が弱ると体は崩れやすくなります。

その為には体調や睡眠負債も解消する必要があります。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑門司若松、行橋、下関市などから骨盤矯正が人気です。

2018年06月01日