腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛、腰の痛みを楽にしていく為には腰痛を楽にしたら原因を見つけ出すことが必要です北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院
腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みとは

腰痛腰の痛みが起きる時には、どうして腰痛、腰の痛みになるのか、原因が関係しています。腰痛、腰の痛みになる時には体から回復させていく必要もあります。痛みだけ良くしようとしても直りが悪くなっていることもありますし、さらに睡眠負債があると、もっと問題です。

腰痛、腰の痛みになる時、腰の痛みを起こす時には体全体に疲れがたまっている時にしか起こりません。しかし普通は体全体に疲れがたまっていても痛い所だけしか感じません。

疲れとストレスは同じことです。疲れが多くなったものがストレスです。ストレスがたまったということは疲れがたまったと言う事です。

腰痛、腰の痛みになる時には体に多くの疲れやストレスがたまりながらダイレクトに腰の痛みになる部分に多くの疲れやストレスがたまります。疲れやストレスが多くたまると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

腰痛、腰の痛みを起こす原因は骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。骨盤の歪み・背骨のズレがない方はいませんが骨盤の歪み・背骨のズレが少ないときには腰痛、腰の痛みにはなりません。

腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みが起きるときには、必ず骨盤の歪み・背骨のズレが起きているときですが、骨盤の歪み・背骨のズレもいつも変化しています。この変化は体調で変化します。

体調というのは疲れやストレスの蓄積です毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものです。

腰痛が起きるときには骨盤の歪み・背骨のズレが原因ですが、骨盤の歪み・背骨のズレもどうして起きるのか、原因があります。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きる原因はある部分に多くの疲れやストレスがたまることが原因です。例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは35キログラムは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパしかありません。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまる部分は筋肉と内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)も内臓の一部ですから総称して内臓です。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら最大に内臓にたまっていきます。しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

人の内臓は2通りのものがあります。弱い内臓とそうでもない内臓です。強い内臓はありません。

弱い内臓に疲れやストレス

弱い内臓に疲れやストレスがたまると内臓には関係する筋肉があります。内臓が弱ると必ずバランスが悪くなる筋肉があります。

腰痛になるのは腎臓が主な原因ですが腎臓に関係する筋肉が問題です。腎臓に関係する筋肉は大腰筋、腸骨筋です。この筋肉は股関節の内側に付着しています。股関節の内側に付着しているため骨盤が開きやすく歪みやすくなっています。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きると体を支えることができませんから腰痛になります。悪化したものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になります。椎間板ヘルニアは特別なモノではなく誰でもあるものです。

腎臓疲労が腰痛に

多くの腰痛を治療している専門家の先生も知りませんが、腰痛の原因は内臓にあります。当院では検査する事ができますから検査してみると原因がわかります。

検査してみると多くの方が体調が悪く奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。そして最近は睡眠負債の方が多くなっています。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

しかし寝ながら考え事をしている睡眠があります。眠りと言うのは脳から寝ていることを言います。

寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

腎臓の回復

腰痛を改善していく為には腎臓の問題をどうにかするしかありません。まずは腎臓疲労を、どうにかする事です。

腰痛、腰の痛みとは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑門司若松、行橋、下関市などから腰痛腰の痛みを楽にしていく為には

2018年06月08日