更年期障害

更年期障害を楽にすることから始めて、楽になってきたら更年期障害の原因を見つけ出すことをしていきます。

更年期障害

更年期障害には原因がありますから、原因を見つけ出すことが更年期障害を早めに終わらせることになります。更年期障害になると50歳前後の方が閉経を迎えるときにホルモンバランスが崩れてしまうことで起きると言われています。
しかし、それが切っ掛けですが、原因ではありません。

更年期障害

更年期障害は直すことができます。いつまでも薬ばかりで抑えていないで、薬任せにしていないで原因から改善して行くと、一度には無理ですが、少しずつ楽になっていきます。

更年期障害は薬で抑えるよりも、原因から変えていくことをしてください。
更年期障害はちゃんと原因がありますから、薬泣かせにしないで原因から解消していくようにすると更年期障害は少しずつでも良くなって楽になっていきますので。

更年期障害を原因から直すことを目指していきませんか。
一度、更年期障害が起きてしまうと、いつ治るかもわからない状態になってしまいますので、自分からでも積極的に攻めていかないと改善できないのが更年期障害になります。
更年期障害というのは閉経だけが関与しておきているものではありません。

体調が関係しています

閉経の時に体調としてしまって戻りきらないのが原因です。
体調が戻りきらないのも原因があって起きていますので薬などで中和していないで原因から改善していくようにすると更年期障害を楽になっていきます。

更年期障害が起きるのは

更年期障害が起きるのは一般的には女性で45歳から55歳の範囲に入る方がいろいろな

調子を落として病気ではない症状の時に起きているのは更年期障害です。
更年期におけるさまざまな症状が起きるのは女性ホルモンの一つ、エストロゲンの減少と密接に関係を持っています。このエストロゲンは卵巣から放出されるホルモンなどで卵巣機能の低下からエストロゲンが放出されないことから起きるいろいろな症状だと思われています。

体調と更年期障害

エストロゲンのコントロール

しかし、エストロゲンの分岐をコントロールするのは脳の視床下部というところがコントロールをしていますのでいくら正しく視床下部が働いても、卵巣機能の低下によりエストロゲンが出ないことが原因だと思われています。
そして、視床下部は様々な体をコントロールする自律神経にも影響を与えてしまっていますので自律神経のコントロールができない状態の暴走状態が起きて更年期障害の代表的な症状であるのぼせ、微熱、ほてりなどの症状がおこることで知られています。
更年期は誰でも訪れる問題ですがイライラしたり突然の発汗が起きたり、体のだるさや体が重たくなります。

更年期障害はいろいろな症状起こしますが、代表的な例を言うと
ダルイ、疲れやすい、のぼせ、ほてり、多汗、腰痛、肩こり、首の痛み、首のコリ、めまい、頭痛、吐き気、手や足の浮腫み、シビレ、かゆみ、イライラ、不安、不眠などです。

若年性更年期障害

最近は閉経に関係なく起こる更年期障害があります。
普通は更年期障害というと45歳から55歳までの範囲ですが、30代の方に起きる更年期障害というのがあります。

若年性更年期障害は年齢が達しないまでも生理不順になったり生理が来なくなったりして女性ホルモンの分泌は正しくおこなわれていない方に起きる現象です。
色々なダイエットやストレスをためることで起きたり食生活や生活環境の変化において卵巣機能が低下状態に陥るとおこる現象だと思われています。

更年期障害の本当は

今まで更年期障害というものを説明してきましたが、多くの説明はあまり的を射ているとはいえない更年期障害の説明をしてきました。

本当の更年期障害の体調が落ちていて上がり切れないことが原因です。体調も限界なく落ちていくので、落とし方がひどいと簡単には上がらない状態なので、いくら休養を取ってもサプリメントや薬を飲んでも、体調が上がることはりません。
更年期障害というのは体調が落ち過ぎた状態で起きていますので、基本的な体調を上げていくことをしないと、いくら薬を飲んでいても更年期障害が治るのが長期間に及びます。

更年期障害と睡眠

治るというよりも中和すると言った方があっていると思います。

北九州市小倉南区でカイロプラクティック徳力整体院は30周年になります。

2020年04月15日