腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛、腰の痛みが起きるのは骨盤の歪みやズレから起こります。骨盤の歪みを矯正して整えていく事で腰痛、腰の痛みは楽になります。

腰痛が起きるときには、必ず原因があります。

しかし、腰痛の原因を見つけ出さなくても、原因を改善しなくても楽にする方法が色々あります。原因を見つけ出す事は簡単ではない為に、多くの治療が対症療法になっています。

対症療法と言うのは、多くの治療院で行われている矯正法です。例えば湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても鍼灸、指圧、病院の注射などになります。

腰痛の原因 腰痛、腰の痛みとは

どこから腰痛が起きているのか検査もしていませんが、対症療法でも楽になりますが、原因が残ったままになっています。原因を変える事をしないと、原因も、いつまでも同じままではいられません。

しかし、原因を見つけ出して変えていくことは、簡単ではなく短期ではできません。この矯正のことを体質改善と言います。

しかし体質改善をする前に体を整えたり、腰の痛みを楽にすることから始めなければ体質改善には進めません。

その為には、腰痛がどうして起きるのか??

どこから腰が痛くなるのか、知っておく必要があります。

腰痛が起きることは、誰でも起こりえるモノが関係しています。特別な事もなく普段から多くなっていくモノが体にたまっていくのが要因です。

関係するモノは全員の方が蓄積していますが、体全身にたまりながら、多くは弱い部分にたまっていきます。人の体には弱い部分と、そうでもない部分があります。そうでもない部分は痛みやコリにもなる事もなく原因になることも先将来に、つながる事もありません。

しかし、弱い部分には、ありとあらゆることを起こすモノが多くたまっていきます。

弱い部分が、どこなのかで色々な痛みやコリ、症状を感じる部分が違います。

腰痛を起こすのは2つのことが関係しています。この両方が、揃わないと腰の痛みにはなりません。

一つは体調です。もう一つは体質です。

体調

体調と腰痛

体調と言うと意味不明な言葉です。自分で体調が良いと言えば、良いことになり、自分で悪いと言えば悪いことになります。

悪いと感じている時には、どこかに痛みやコリが有ったり、どこかの調子が悪い時や、風邪を引いて寝込んでいる時や、腹痛で下痢をしている時や疲れがたまって体が重たいとか、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどを感じて痛みやコリなどの症状が強い時です。

しかし、いつも痛い方、いつも悪い方もいますが、昨日が悪かったとか変化しています。

これに、関係するのが体調です。体調とは体の調子の事を言います。

多くの場合、腰痛になる前には、体がだるかったとか、体が重たかったとか、疲れる事をしたとか、昨日が忙しかったとか、朝から眠れなかったとか、昨日は飲みすぎたとか、があります。

この蓄積するモノが多ければ多いほど、疲れが生じてしまいます。

疲れが大きくなると、疲労になり、疲労が多くなると蓄積疲労になり、蓄積疲労のことをストレスと言います。ストレスと言うのは普通に使う場合は、意味も分からずに使っています。

だから当院では、ストレスと言う言葉を使いません。しかしストレスには2通りのストレス(蓄積疲労)があります。精神的なストレスと肉体的なストレスの2つです。

精神的なストレスはカラオケに行って熱唱すること、何かを食べにいく、ショッピング、飲みに行く事、旅行、温泉、ギャンブルなどで多少は減りますが、気分転換くらいにしかなりません。

精神的な疲労も残りやすく、脳にたまっていきます。

そして肉体的な疲労もカラオケに行って熱唱すること、何かを食べにいく、ショッピング、飲みに行く事、旅行、温泉、ギャンブル、釣り、をしても多くなります。

疲労の蓄積は何をしても、何もしなくても多くなっていきます。この疲労が、どこにたまるのか?

たまる所があるから、蓄積していく訳です。

蓄積する所は、どこなのか?? 体に何があるのか??

人の体は65%から75%は水分です。あとの重さは神経と血管とリンパ管と皮膚と筋肉とじん帯と脂肪と骨と内臓しかありません。

水

疲れが溜まりやすい場所は、体の何処なのかです。そこが腰痛を起こすことに深く関係しています。

先ほどの説明にもあるように弱い部分と、そうでもない部分があり、弱い部分には多くの疲れがたまっていきます。疲れが溜まるのは、ありとあらゆる部分です。

その中でも多く蓄積する所は、筋肉と内臓です。体の体重で重さの多くは筋肉と内臓になります。この中で蓄積しやすい部分は筋肉にもたまりますが、内臓に多く蓄積していきます。内臓と言っても病気ではありません。

内臓疲労です。

内臓は呼吸したり食べたものを消化したり分解したりすることで働いてくれています。人が生活して体を動かすエネルギーを生産する内臓ですが、内臓が働くことでも疲れが生じていきます。

また、掃除したり洗濯物を干したり、料理を作ったり、階段の上り下り、歩くこと、ジョキングしたり筋トレしたり腹筋したり、腕立て伏せをしたり、プールで泳いだり、ゴルフをしたり、高低差のある所を歩いたり、山登りをしたり、仕事をしたり、車の運転をしたり、ドライブしたりすることでも生み出された疲れは全身にたまっていきながら、最終的に弱い筋肉・内臓に多くたまっていきます。

まずが、疲れは全身にたまって、『疲れたぁ~』と言う事になり、これが、弱い部分に集中してたまっていきます。これを繰り返すことで、蓄積が徐々に大きくなり、内臓疲労から骨盤の歪み・背骨のズレになっていきます。

疲れが溜まりやすい内臓は腰痛と言われれば、思い当たる部分があります。

それは腎臓です。つまり腎臓が弱い方が腎臓に疲れをためて多くしてしまうと、腎臓の働きが落ちていき、腎臓に関係する筋肉のバランスを崩していきます。

疲労がたまるのは

腎臓に関係する筋肉は大腰筋、腸骨筋と言う筋肉ですから、この筋肉ほ股関節から横隔膜まである大きな筋肉になります。この筋肉が収縮を起こすと縮んで短くなるので、体を真っすぐ伸ばせなくなります。

特に大腰筋は体を真っすぐしにくくします。

大腰筋、腸骨筋

腎臓に関係がある大腰筋、腸骨筋のバランスの狂いから、骨盤が固定できなくなり骨盤の歪み・骨盤の開きが起きて、骨盤が安定しない事や大腰筋が背骨を引っ張ってしまうと背骨の腰椎がズレを起こしていきます。この時に、重たいものを持ったり、中腰をしたり、前かがみをしたり、同じ姿勢を続けると、さらに骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレが大きくなっていきます。

これで固定化されたものが腰痛になります。

腰痛が悪化したものが椎間板ヘルニアであり、坐骨神経痛です。

椎間板ヘルニアも坐骨神経痛も特別なモノではありません。誰でも弱い部分の腎臓に疲れが溜まると、起こるものです。

 

さらに、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャーで多くなる疲れの蓄積だけではなく、眠りの浅さからも疲れはたまります。

熟睡

眠りと腰痛

眠りとは、熟睡のことだけを言います。脳が寝ていることを言いますから、布団やベットの上で目を閉じてスースー寝息を立てていても寝ている訳ではありません。

夜に寝ようとすると、すぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

寝る時間が6時間から8時間、あっても熟睡府ができるのは30分以内です。

つまり、最高に熟睡が出来ても30分だと言うことです。30分が取れなくても20分、または10分取れていれば寝ていると言えるんですが、5分もとれていない方や、ゼロの方もいます。

寝れば寝るほど、疲れていく方もいます。

眠って熟睡が出来れば疲れの蓄積を減らすことができます。

つまり熟睡が出来ていないと日常でたまって疲れが減る事もなく、また、寝ることで熟睡が出来ない為に疲れの蓄積が増えていきます。

 

眠りも自分で気が付きやすいものもあれば、多くの方が気が付ていない眠りのトラブルもあります。

気が付きやすい眠りのトラブルは不眠症です。

 

不眠症

不眠症と腰痛

不眠症は夜に寝ようとすると1時間も2時間も目がさえて眠れないのが不眠症です。

また夜中に目が覚めて30分も1時間も眠れない事もあります。

夜に目を覚ましても、すぐに眠れる方も不眠症になります。

不眠症の方は眠れないだけではなく体を検査してみるとかなりボロボロでガタガタ状態になっていて奈落の底でが体調をしていますので簡単に回復ができない方も多くなっていますから状態を検査することで確認しながら矯正を行うことをしています。

腰痛や腰の痛みを楽にするためにも腎臓の問題から解消して筋肉や靭帯のバランスを整えて骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正しなければいけませんが、脳の力が無い方は回復する力がないために立った瞬間から崩れるぐらいひどい方も思います。

脳が元気だから回復することができるので脳の力が落ちてしまうと脳が弱っただけではなく脳が疲弊したり衰弱状態まで陥ったりするかたが多くなっていますので腰痛だけの治療で済むことはないこともあります。

 

睡眠負債

睡眠負債と腰痛

不眠症に対して気が付いていないことが多くあるのが睡眠負債なんですが睡眠負債というのは、夜、寝ようとする時に、すぐ眠れて朝まで目が覚めないため寝ていると思っている方が多くいるんですが眠りが一番浅い睡眠になっていることです。

不眠症も眠りが浅いんですが目が覚めないために眠れていると思っていることが、多くいるんですが夜、寝ようとする時にすぐ眠れて寝ながら考え事をしてる時間が圧倒的なくなっていて5時間も6時間も寝ながら考え事をしていて目が覚める瞬間に夢を見るから夢の記憶しか残りません 。

 

不眠症や睡眠負債とかの体を検査してみるとムクミや脂肪が多くなっているだけではなく代謝が悪いだけでもなくリンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まっているだけではなくありとあらゆる問題が起きているのが眠りの問題の方です。

当然、骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレを多く起こしていて椎間板ヘルニアが起きていても限界まで悪くしてしまわないと分からなくなっている方も多くなっていますので体の状態に応じて調整を行わなければいけないことが多くあります。

体質改善

体質改善と腰痛

弱い部分に疲れがたまりやすいので疲れを除いて弱い部分を一時的に元気にしてもまたすぐに生活したり仕事をしたり運動したりすることで多くの疲れが生み出されていき同じことが繰り返されてしまいますので同じことを繰り返さないようにできるだけ減らしたいわけですけど一番難しい体質改善の矯正でそれが可能なんです。

体質改善というのは疲れが溜まりやすい弱い部分を少しずつでも変化させて強くしていく方法なんですが体質改善の矯正は初回からできるものではありませんのでまずは腰痛や腰の痛みを楽にして体を安定させた状態で初めてできる矯正になります。

どんなに腎臓にたまった疲れを減らすことをしても日常や毎日の生活や仕事をすることや体を動かしたりすることで多くの疲れは生み出されてしまいますので生み出されることを減らすことはできないにしろ何かを変えることができれば積み重ねを減らすことが可能なんです。

 

 

 

 

 

腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるときには、必ず骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になると起きています。

骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレが起きると骨盤は安定しません。安定しない時に重いものを持ったりすることや前傾姿勢で何かをすると体を支えることができませんから腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになります。

姿勢が悪いからではなく骨盤や背骨の不安定が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になると

しかし、骨盤が不安定になるのも原因があります。何も原因がないのに骨盤が不安定になる事はありません。

そこに、どうして腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになるのか、原因があります。

 

腰痛を改善して30年の当院は腰痛の専門家なので病院でもわからない腰痛を改善することをしています。

腰痛は整形外科や外科ではわかりませんし、専門外と言う感じが強いと思いますから湿布を貼ったり、注射を打ったり、マッサージしても、ボキボキしてもいい時もありますが、本当にそんなことで良いのかと言う事があります。

腰痛には影の黒幕があります。この黒幕は湿布を貼ったり、注射を打ったり、マッサージしても、ボキボキしても改善されません。

しかし、なによりも目の先の腰痛、腰の痛みから変えていくことをしないと先に進めませんので先に進むためにも、今ある痛みから楽にしていきます。

骨盤の歪みや骨盤のズレがある時に重いものを持ったり、体をひねったり、中腰をしたりすると体を支えることができないで腰痛、腰が痛くなる、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になります。

 

腰痛、腰の痛みの原因

腰痛、腰の痛みは

腰痛は骨盤の歪みが原因ですが、歪みと言っても、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレなどがありますから、どうなっているのかと言うことが重要になります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレがある時にはじん帯、筋肉のバランスが悪くなっています。

腰痛は腎臓疲労が原因です。

腎臓疲労が強くなると腎臓自体の働きも低下していきますが、大腰筋、腸骨筋のバランスが崩れて骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起こります。骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起これば体を支えることができないので腰痛、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になります。

このレベルの治療ができるのは、当院です。普通はここまでできないし、専門家でさえわかりません。

腰痛と腰の痛みは

 

腰痛と言っても歪みやズレが多く種類がありますが、まずは筋肉やじん帯の炎症・ハレから改善しなければなりません。腰の痛みがある時には炎症・ハレがどこかに起きています。

筋肉やじん帯の炎症やハレを抑えたら、次は骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレの改善です。歪みやズレがひどいと一回では改善しません。

回復していくと言うことが腰痛を楽にしていきますが、回復する力が低下している方もいます。

以前、当院で腰痛を楽にした方が

例えば3年前に腰痛を楽にした方がいるとします。この方の腰痛を1回か2回で楽になったとして来なくなります。そして3年ぶりに来て依然と同じ腰痛だと言われますが、そんなことはありません。3年も立てば前と同じと言う事はありません。体はそんなものではすみません。奥底で腰痛を起こした原因も進行しているし体も年を取って老化しています。こんどの腰痛は依然ほど簡単にはいきませんでした。当院では腰痛を楽にすることと腰痛を根本から直すことをしています。

腰痛を楽にすることは楽にする事ですが楽にすることとは筋肉やじん帯のバランスを整える、筋肉やじん帯の炎症やハレを改善する。骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレを改善して椎間板ヘルニアがあれば、それも改善していきます、そうすると腰痛はだいぶ楽になります。これを楽にするといぅっています。

しかし、

腰痛を起こした原因があります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレを起こした原因があります。

この両方の原因とは、あるものの老化です。(年齢は関係ありません)

このあるものとは、腎臓の老化です。腎臓の老化の進んだ方が腰痛を起こしていきます。

これが影に隠れた原因です。この陰に隠れた老化が進んでいくと腎臓の病気になります。

ですから腰痛と腎臓の病気とは深く関係がありますが、病気として完成しないと病院でも検査しても分かりません。

切っ掛けで痛みが起きる

●骨盤の歪みがあるときに、重いものを持ったりすると急に腰が痛くなったり、腰痛になります。

●骨盤の歪みがあるときに、庭仕事で座ったままでしていると、立とうとしたときに腰が痛くなったり、腰痛になります。

●骨盤の歪みがある時に長時間の車の運転をすると腰が痛くなりますし、腰痛になります。

●骨盤の歪みがある時に、デスクワークをしていると、急に腰が痛くなったり、腰痛になります。

●骨盤の歪みがある時に、くしゃみをしただけでギックリ腰になったり、腰痛になります。

●骨盤の歪みがある時に、長く立ちっぱなしにすると腰が痛くなったり、腰痛になります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定、背骨のズレ

骨盤の歪み、骨盤の開きがないと腰痛、腰が痛くなる、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛は起こりません。

つまり同じことをしても腰痛になる時と、ならない時があるのは、骨盤の歪み、骨盤の開きの関係で起きています。

骨盤の歪み・骨盤の開きは、いつも同じではなく、大きくなったり、小さくなったりしています。しかし、限界を超えてしまうと戻りません。

戻らないといつまでも腰痛、腰の痛み、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、足のシビレに悩まさせてしまいます。

湿布を貼ったり、注射を打っても、低周波治療器や電器などで急激な痛みだけは緩和できることもありますが、痛みの緩和ですから治った訳ではありません。

緩和できても骨盤の歪み・骨盤の開きが解消した訳ではなく、腰痛、腰の痛みが軽い時、無い時も骨盤の歪み・骨盤の開きは進行していきます。

男性であれば前立腺肥大、排尿痛、膀胱炎、足のつり、膝の痛みなどが起きいきます。

女性であれば生理痛、生理不順、便秘、卵巣肥大、卵巣炎、子宮の問題、膀胱炎、膣炎などになりやすくなります。

腰痛、腰の痛みは

腰痛、腰の痛み、ギックリ腰などは、すべて骨盤の歪みが原因です。骨盤の歪みがない時には、同じ姿勢や同じことをしても腰痛や腰が痛くなることはありません。

何かの原因があって腰痛、腰が痛くなると言うことです。この何かの原因から解消と改善をしないと、湿布を貼ったりしても、電気をしても、それなりの効果があるかも知れませんが、強い痛みを少しでも良くしても骨盤の歪みを起こした原因は残ったままです。

この原因が一番、重要なものなのに、原因はすごくわかりづらく普通は、ここまで治療していませんし、検査もできません。

検査ができなければ見つかりもしません。

だから、当院の腰痛、腰の痛みの治療は、検査を重要視しています。しかし、初回では色々なものが混ざり合っていますので、中々、ここまで行きませんか、まずは、この色々混ざり合っているものから減らしていく治療をしていきますが、減らしていくと普通は腰痛、腰の痛みが楽になります。

楽になったら、この時点で原因が判別できるようになります。

楽になったら原因を見つけて今までの治療ではなく、体質改善という治療をして原因から変えていくことをしていきます。

体質改善の前の治療を体調を上げる治療と言うのに対して、体調が上がってきたらできる治療が体質改善、アンチエイジング、若返りの治療と言います。

体質改善、アンチエイジング、若返りの治療と言うのは原因から変えて若返りをする治療です。

腰痛、腰に痛みには、原因が潜んでいますから、原因から解消していくことを考えないと、進行してしまうと大変なことになります。

腰痛、腰の痛みは、重要な問題が関係していますから、この重要な部分から変えていくことをしないと、のちのちもしかしたら困った問題になります。

急に起きる腰痛、腰の痛み、中腰をした時にズキっと痛む腰痛、腰の痛み、庭仕事で座ってして立とうとしたら急に腰に痛みが起きた、長く車の運転をしていて腰が痛くなる、デスクワークで長く座っていると腰が痛い、靴下と履こうとして腰に痛みが起きた、ハイヒールを履いていたら腰が痛くなった、寝て起きたら腰が痛くて動けないくらい痛い、急にくしゃみをしたら腰が痛くなった、などなど色々な腰痛、腰の痛みがあります。

腰の痛み、腰痛を解消
これらは『切っ掛け』です。

切っ掛けなので原因ではありません。原因がないと切っ掛けがあっても腰痛、腰の痛みにはなりません。切っ掛けをする前に、ある原因で起きています。

40代の男性
以前、腰が痛くて病院に行ってレントゲンを撮ってみたらヘルニアと言われました、ブロック注射をしましたが、した時だけ楽になりますが、しばらくすると、また腰の痛みが繰り返します。何とかならないものかという思いできました。

※この方の腰痛は、骨盤の歪みが大きくなっていて、それが原因でヘルニアになっていました。骨盤から整えていくことをしていくと、腰の痛みが楽になっていきましたので、しばらく通院してもらって改善をしていきたいと思います。
 
 
 


腰痛

痛みは

腰痛、腰の痛みが起きる時には、切っ掛けと原因が必要になります。必ず両方が揃わないと腰痛、腰の痛みにはなりません。

切っ掛けと、、もう一つの原因となるものは疲れやストレスです。疲れやストレスと言っても軽いものではありません。体の痛みを起こす疲れやストレスです。

疲れやストレスと言うと読みにくいので、疲れやストレスは同じことです。疲れが多くたまるとストレスになります。このストレスがより多くなるとストレスがたまったと言う事で体は歪みになります。この歪みが腰痛、腰の痛みの原因になります。

ストレスで腰痛、腰の痛みが起きる

ストレスも多くなると体をつぶしていきます。

ストレスも

ストレスの蓄積はドンドン多くすることができます。際限なく限界なく蓄積している方が、時々来院されますが、最悪の状態になっています。

ストレスの蓄積と言うのは、本当に多く蓄積していきますが、最近、多くの方がこれを感じていません。

普通は、ストレスの蓄積があると、歪みが起きて椎間板ヘルニアにもなりますし、痛みやコリが強く感じるのが当然で起きるのですが。

しかし、多くの方が眠りが浅く、眠りが浅いことをよくわかっていません。夜に寝たら朝まで目がさめなければ寝ていると勘違いしています。

眠りでも腰痛、腰の痛みが起きる

夜に寝てすぐ、スースー寝息を立てていても、脳が寝る事が出来る睡眠までなっていきません。ずーっと眠りが浅く寝ながら考え事をしている状態が長く続きます。

こんな状他をしていると、いつの間にか無呼吸になる可能性がでてきます。理由は脳が弱るばかりだからです。

腰痛、腰の痛みなのに、どうしてこの説明をするかと言うと、眠りが浅いと、脳が弱る、脳が弱ると言う事は体調が悪くなる、体調が悪くなると言う事は骨盤の歪みや背骨のズレが起きやすい、つまり腰痛、腰の痛みになると言う事です。

だから腰痛、腰の痛みと関係が深いんです。脳が元気にならないと、腰痛、腰の痛みが楽になりにくい方もいます。

体調が悪くなると

体調が悪くなると骨盤の歪みや背骨のズレが起こります。体調を起こして悪くなっていくと疲れやストレスが多く蓄積していくと、骨盤が歪みを起こしたり、開いたりしていきます。

骨盤の歪みが腰痛、腰の痛みになる

そうすると椎間板ヘルニアにもなる可能性が出てきます。

 

何事も体質的な弱さがないと痛みやコリは起こりません。体質的な弱さがある方が、腰痛、腰の痛みになります。

体質的な弱さがあって、原因を多くして、切っ掛けで、痛みやコリになります。必ず痛みやコリが起きる時には、この段階を踏みながら痛みやコリになります。

腰痛、腰の痛みも

腰痛、腰の痛みも、段階があります。

①腰痛、腰の痛みを起こす部分が体質的に弱い

②原因となる疲れやストレスが弱い所にたまる

③弱い所にたまると、筋肉や靭帯のバランスが悪くなって崩れています、そして骨盤、背骨の歪みが起きています。

④この歪みやバランスが崩れているときに、切っ掛けである、悪い姿勢、横座り、足を組む、重いものを持つ、運動、中腰、庭仕事、長い車の運転、くしゃみなどをすることで、一気に起きれば、ギックリ腰、又は、徐々に起きる腰痛、腰の痛みが起こります。

●当院では土台から改善することを体質改善と言う施術があります。
この原因は、誰でもいつでもある普通のものです。

年齢に関係なくあるのが、この原因なんですが、普通にあるものの中に原因があります。
この原因は、疲れやストレスです。

なんだぁ~と思うかも知れませんが、疲れやストレスが多くたまると怖い事にもなります。疲れやストレスは際限なく蓄積していく事が出来ます。たまるのに限界がありません。

この疲れやストレスの蓄積が原因で歪みが起きていきます。この歪みが骨盤の歪みや背骨のズレになります。骨盤が歪みを起こしただけでも、体を支えきれません。この時に姿勢などで筋肉やじん帯が支えられないと急に起きる腰痛、腰の痛みになります。

腰痛が起きる原因がある方が、腰痛が起こります。
腰痛の起きる原因がない方は、腰痛にはなりません。
当たり前のことですが、腰痛には原因があります。

体に疲れやストレスがたまると、骨盤の開きや骨盤が緩んでしまいます。

土台である骨盤が歪みを起こしていくと、背骨も歪みやズレが起きます。
背骨の歪みで起きる痛み
これが、痛みが起きた時の状態です。

腰痛が起きる原因がない方は、いくら体調を落としても腰痛には、なりません。

腰痛には原因があります
腰痛と言っても色々な感じ方があります。

腰痛が起きた切っ掛けは、本当に、姿勢とか、ヒネル、重いものを持つとか色々あります。

ほとんどの腰痛、腰の痛みなどは、この状態で痛みを感じています。 この時には骨盤も歪みを起こして背骨の歪みを悪化させています。

腰痛はヘルニアに進行することも、

腰痛を楽にするためには、ピンポイントで原因を追及していく必要があります。
電器やボキボキしたりなどの痛みを散らすことをしないで、原因から腰痛を改善していきます。

腰痛を我慢すると、悪化させてしまうので、回復までに、もっと時間がかかるようになります。

何事にも早く適切な処置をする必要があります。

整体やカイロのように電機やボキボキしたりして痛みを散らしているだけでは、根本的な改善にはなりません。
ほとんどの整体やカイロをしている先生も知りませんが、当院では腰の痛みが起きている原因を施術していきます。
その原因は腎臓にあります。病気ではありません)
腎臓と言うと、即、病気?と思う方がほとんどだと思いますが、違います。

内臓が疲れると、色々な痛みやコリになります。
腎臓が疲れた時に、腰痛、腰の痛み、ヘルニア、坐骨神経痛、シビレが起きます。
腎臓が疲れると、浮腫みが起きたりします。
腎臓に疲れがたまると、どうして腰痛になるのか??


それは、

腎臓の疲れがたまると、骨盤のバランスが悪くなります。
骨盤のズレが起きます。
ズレを起こすのは大腰筋、腸骨筋と言って骨盤の股関節に付着して骨盤の上の方や背骨についている筋肉です。
大腰筋から歪みが  大腰筋から骨盤が歪み
大腰筋、腸骨筋は、よくテレビで、ダイエットの時に出てくる筋肉です。
この筋肉に影響を出すのが、腎臓です。
筋肉と内臓は密接に関係しています。
この筋肉を良くすることもダイエットにつながります。

大腰筋、腸骨筋が緊張してくると骨のズレを起こしたり椎間板も牽引したりしてヘルニアを起こします。
大腰筋、腸骨筋が固く張ってくると、もっとひどい腰痛になります。
この場合も腎臓を回復させる必要があります。
腰痛は腎臓の疲れやストレスの蓄積から

施術法は、内臓から元気にしていく事です。
体が疲れたと言うことは内臓が疲れたと言うことです。
基本は内臓なので、全て内臓を原因にしていく事で大腰筋、腸骨筋も回復して戻ります。

腰痛の改善には腰痛を起こした原因から

体質改善 アンチエイジング(若返り)
《 あとは腰痛を楽にしたら、そこで腰痛がな良くなったかと言うと違います。

腰痛を起こした原因があります。
腰痛を起こした原因の改善は、痛みやしびれがなくなって、楽になったら始めませんか。

腰痛の原因である腎臓を強くして若返らせる方法が 『 体質改善 』 です 》

体に疲れやストレスがたまると歪みになる
腰痛の起きる原因
当院では体質改善をお勧めする意味があります

色々起きる痛みやコリなどの症状は、老化と関係しているからです。身体が老化していっているから、色々な痛みやコリになります。体の中の、どこが老化しているかで、痛みやコリが起きる場所が違います。

筋肉が老化して起きると『 コリ 』 になります。
 老化して起きる『 コリ 』は、いくらもんでも、電気をしても、何をしても、一時的には良い感じがあるかもしれませんが、その時だけです。

コリを感じなくても、筋肉はいつの間にか、固くなっていきます。
一度、固くなり始めると、進行していきます。
これが、歳をとると言う事です。

内臓にも、同じことが言えます。
内臓が老化していくと、最終形態は、病気です。

でも、すぐに病気になるわけではなく、少しずつ少しずつ、老化していきます。
内臓が老化したからと言って、病気とは言いません。

1年で1歳、年はとりますが、内臓は、そうはいきません。

年齢相応の内臓を持っていれば、痛みやコリは起きないかもしれません。これは、年齢に関係なく、子供でも言えることです。

つまり、内臓は1年に1回だけ歳をとることはない、と言うことです。病気と診断されなくても、数値が関係しなくても、起きています。数値が関係すると、明らかに病気です。数値に異常が現れる前の状態を言っています。

だから、病気ではありません。 病気の治療をしている訳ではありません。

数値が上がる前に、細胞には老化が起こっています。例えば、数値が上がっていないのに、肝臓が固い人もいます。病気ではないのに、色々な痛みやコリが起こります。これらは、全て内臓が原因です。(何回も言いますが、病気ではありません)

内臓を若返らせるのが、体質改善 アンチエイジング 若返り の施術です。

体質改善 アンチエイジング 若返りをご希望の方は、回数券のご利用をお勧めします。

腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みが起こている時には、程度、檀家がありますが、疲れやストレスが多く蓄積しているときに起こります。
体調が良い時には、腰痛、腰の痛みは起こりません。

痛みが急に起きるのは

腰痛、腰の痛みが急に起きるのは、骨盤の歪み・背骨のズレ、骨盤の開きが原因です。

骨盤の歪み・背骨のズレ、骨盤の開きも急に起きている訳ではなく、いつも毎日、状態は違いますが骨盤の歪み・背骨のズレ、骨盤の開きはありますが、それに我々は気が付きません。

骨盤の歪み・背骨のズレ、骨盤の開きがあっても痛みがなければ気が付きません。

骨盤の歪み・背骨のズレ、骨盤の開きがあっても痛みになっていないと言うだけで、毎日の生活や仕事、環境などで実際には骨盤の歪み・背骨のズレ、骨盤の開きが起きています。

しかし、何かの切っ掛けがないと痛みにはなりません。ですからその時に、ひとは「今まではどうもなかった」と言います。

どうもなかったのではなく、それに気が付くことができなかったと言う事なんですが。

気が付くのは早めに

骨盤の歪み・背骨のズレ、骨盤の開きがある時には、痛みになる前に、なんか変な状況が起きています。

自分でも、「どこかが何か変だ」と感じているのですが、どう、おかしいかはわかりませんよね。

痛みやこりが起きる時には、起きる前に何らかのボディランゲージを発しています。信号を送っているのですが、それに気が付いていないだけです。

病気になる時も信号を送っていますが、検査しても異常が出なければ異常なしと言う事になってしまいます。

そんなことはありません。

自分で何かの異常を訴えるのに血液検査、尿検査しても、わかりません。

病院は病気の専門家なので病気にならないとわかりません。病気として完成すると検査で見つかります。その時には病気として見つかります。

病院は病気の専門家ですから、もちろん痛みや変な感じになったら病院の検査を受けてみる必要があります。その場合に発見されれば病気になっている状態で初めて陽性反応で出てきます。

しかし、多くの痛みやこりの場合、病気ではなく

病気ではありません。腰痛と言うのも病気ではなく症状です。腰が痛い、腰痛と言う症状です。しかし、腰痛、腰の痛みも腎臓ガンや前立腺がん、膀胱がん、子宮がん、卵巣がん、などでも起きることもあります。

前立腺がんか、膀胱がんで亡くなった松田優作と言う俳優が、いつも腰が痛くてしょうがなかったと言うことを言っていたそうですから。

腰痛、腰の痛みは

腰痛、腰の痛みは前記のように病気と言う事もありますから、早めに感じることができれば、悪くなる前に改善できる可能性もあると言う事です。

その為にも体調の低下起きている骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレを改善して、楽になってきたら体質改善と言う治療で原因である腎臓をアンチエイジング、若返りさせる必要があります。

腰痛、腰の痛み、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、足のシビレは腎臓の問題から起きています。

腎臓の問題と言うと腎臓の老化です。腎臓が老化した物は何をしても変わりません。老化した腎臓を変える事ができるのは体質改善の治療だけですから。

当院では、その体質改善の治療をしています。

当院は30周年を迎える腰痛、腰の痛みの専門院です。北九州市小倉南区・小倉北区、八幡東区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市、田川市、飯塚市、直方市、宗像市、芦屋町、宮若市などから多くの方が来院されています

北九州市小倉北区 40代 女性
1年前から腰が痛くて腰痛で病院のブロック注射を打ったり低周波治療をしています。強い痛みは良くなりましたが、それからは変わりません。紹介で来てみました。

院長:
この方の腰痛は検査してみてもわかりますが、骨盤が大きく歪みを起こして骨盤が開いていました。
まずは骨盤の歪みや開きから改善しないと腰痛は安定しません。
骨盤の歪みや開きがあるのに、この骨盤を整える事をしないと先の治療ができませんから、骨盤から整えていくことをしていきます。
骨盤が安定しないと背骨も安定しませんし、筋肉やじん帯も炎症やハレがあるままです。
この方も病院では見つかっていませんでしたが、当院で検査してみると椎間板ヘルニアがあることがわかりました。
この椎間板ヘルニアは骨盤が安定しないから起きているものですから骨盤が正しい状態になると椎間板ヘルニアは徐々に改善されていきました。
しかし椎間板ヘルニアや腰痛を起した原因があります。これを見つけていくことをしないと腰痛をいくら改善しても戻りやすく繰り返しやすくなります。
腰痛にはかくれた黒幕があります。
何も原因がなくて腰が痛くなったり、腰痛になることはありません。
多くの場合、内臓が深く関係して腰痛を起こしています。
この腰痛を起こしている原因とは、腎臓ですが病気ではありません。腎臓疲労から骨盤の中にある大腰筋、腸骨筋のバランスが崩れてしまい骨盤の歪みや開きが起こります。
しかも腎臓が弱い方が腎臓疲労になりやすくなりますから体質改善という治療で腎臓を強くしていくことができます。
強くなった分だけ腎臓に疲労がたまりにくくなります。
強くなった分だけ腎臓が良く働いてくれます。

このレベルの治療や改善ができる治療院は多くありません。

当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。
北九州市小倉北区 50代の女性
半年前から腰の痛みが悪化して椎間板ヘルニアになって坐骨神経痛もあります。どこに行っても治らなくて来てみました。

院長:
この方の腰痛の原因は体調の悪さと体調の悪さで起きる骨盤の歪み・背骨のズレが原因でした。
体調が悪いと、誰でも骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。つまり骨盤の歪み・背骨のズレが起きれば骨盤は不安定になります。
骨盤の歪み・背骨のズレが起きて悪化してしまう事が椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になります。
体調の回復をはかるためにも骨盤の歪み・背骨のズレを解消していくようにしていきます。

当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※腰痛が楽になる変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。
北九州市八幡東区 40代の女性
5年前から腰痛で苦しんでいます。

院長:
この方の腰痛の原因は腎臓疲労から起きています。
腎臓の疲労を回復させていくと、ずいぶん楽になってきました。

当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※腰の痛みが楽になる変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。
北九州市小倉南区 70代の女性
1年前にギックリ腰を起こして病院で10日くらい入院していました。
でも退院後も腰痛が治らなくて。

院長:
この方の腰痛の原因は骨盤の歪み・背骨のズレにありました。骨盤の歪み・背骨のズレも何も原因がなくて起きることはないので、その原因をみつけることをしています。



当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※腰痛を楽にする変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。

北九州市小倉南区でカイロプラクティック徳力整体院は30周年になります。